ホリデイ・トレッキング・クラブ

鶴崎研究室について

当研究室では、研究やプロジェクトなどの活動を行なっています。

(1) 都市・地域のリ・デザインに関する研究
 国内外の都市や地域の再生事例に関する分析を通じて、我が国における持続型の都市・地域デザインのあり方について研究を行っています。また、具体的な都市空間を対象として、都市再生に貢献しうるツボ(拠点・要所)を発見し、そこへの計画提案を行なっています。

(2) 都市・地域のアイデンティティに関する研究
 都市や地域はそれぞれ固有の個性(アイデンティティ)を持っています。それは、土地の形状や空間など物的な個性であったり、文化やひとびとの営みによってもたらされている雰囲気や在り様としての個性だと言えます。こうした有形、無形の都市や地域のアイデンティティを解明し、都市や地域のデザインに結びつけることを目的とした研究をおこなっています。

(3) 都市やキャンパスの空間特性とアクティビティに関する研究
 都市や地域は様々な空間によって構成されています。それは広場やオープンスペースなどの開放的な空間であったり、街路空間や地下街などの比較的閉じた空間など多様であると言えます。こうした空間の特性やそこを利用する人々のやふるまいに注目した分析を通じて、都市デザイン、キャンパスデザインのあり方について研究しています。

(4) 大学キャンパス・マスタープランに関する研究
 米国等において活用される大学キャンパス・マスタープランは、研究教育の方針や大学経営における戦略が反映されたキャンパスおよび空間構築のための指針書である。わが国におけるキャンパス計画において有効なキャンパス・マスタープランの構築とその運用を図るため、米国等海外の大学による近年のキャンパス・マスタープランを収集し、その構成、記述内容に関する比較分析を行い、先進的キャンパス。マスタープランの特徴を明らかにしました。また、大学キャンパス・マスタープランにおける環境配慮に関する記述の統計的分析と米国および英国数校に対するヒアリング調査を通して、環境配慮型キャンパス・マスタープランに関する研究を進めています。

(5) 持続型の大学キャンパス・研究教育施設の空間モデルに関する研究
 大学院重点化に伴う空間需要、研究分野および研究形態の多様な変化等が反映された新たな大学研究教育施設計画とそれにより創出された空間事例を比較分析し、持続的な大学教育研究施設および空間モデルを創出するとともに、九州大学新キャンパスの施設計画に携わっています。

(6) 大学と都市・地域との連携に関する研究
 大学の社会貢献が再認識され、都市・地域は産業、まちづくり、教育等の分野において大学との連携による効果を期待している。また、全国の自治体による「総合計画」には地域社会の大学に対する期待や位置付けが表現されています。そこで、「総合計画」の収集と記述内容に関する統計的分析を通して、大学と都市・地域の連携の分野、内容、課題、必要となる事項について明らかにし、さらに大学と都市の多様な関係における効果的な連携のあり方について研究をおこないました。




カウンター カウンター